あの職業はどのくらいの年収?

ある程度実態をつかんでおくべし

憧れの職業に就いた時、果たしていくら位の年収を受けることができるのでしょうか?

仕事をするとき、必ずしも高給であることがよい職業の条件ということではないのですが、それでもやはり他人にはできないような排他的な職業に就くのであれば、それなりに高い評価を受けられるかどうかは気になります。

これから初めて職業に就こうとする学生にとっては、その職業が具体的にどんな内容の仕事をして、どんな待遇をされるかということはイメージでしかはかることはできません。

イメージでしか職業の内容をはかることができないままその職業を目指してしまうと、実際に勤務となった場合にそのギャップに悩んでしまうこともあるでしょう。
わざわざ夢をなくそうとすることはありませんが、それでもある程度実態をつかんでおくということは、職業探しの上において大変意義があります。

どのくらい給与がもらえるのか

転職をする人にとっても、憧れの職業がどのくらいの給与水準であるかどうかは重要です。

例えば社会人となってから、新たに資格をとり直してキャリアアップをしたいと思う人にとっては、難関資格を突破したあとどのくらいの年収となるかを知っておきたいところです。

仕事と年収の関係は必ずしも全ての業界において平均的な基準が定められているわけではなく、昔ながらの仕事になるほど慣習的な基準で平均額が定められていることがほとんどです。

同様に、仕事内容においても意外なところまでが慣例的に範囲とされていたり、実用的ではないように思える分担方法などがとられていたりすることがあります。
もっともこのような伝統的な職業による切り分けは年々少なくなってきている傾向はありますが、完全になくなるというところにいたるまではまだまだ時間がかかるものと思われます。

希望の職業について調べること

今後職業を選ぶときには、まず条件や平均給与をきちんと把握しておきつつ、実際に勤務するためにはどのような能力や資格が必要であるかを調べておく必要があります。

自分が今できることに対してどんな能力・技術をプラスすればどんな職業に就くことができるかどうかがわかると、その努力に対して将来どのような待遇を得られるようになるかがわかるので、めざすべきことがはっきり見えてきます。

それぞれの職業について詳しく調べることで希望の職業を見つける一つのきっかけとし、ライフプランと合わせた納得のいくキャリアアッププランをたてていくようにしましょう。きっと自分にあった仕事が見つかるはずです。